そばにくたま

ペロペロしてやりたいわズ。から名前が変わってPEROというバンドでベースを弾いてます☺︎お好み焼きが好きです。音楽のことや広島のこと。訪れた全国のことも。

銭トーーク!最近の気になる銭湯事情

お風呂は長風呂派です、どうも。

 

少し前にゲットしたこちらは【ひろしまい〜お湯ガイド】

f:id:haaanaaa_87:20190129173338j:image

このガイドは主に広島市中心ですが、結構知らないところもあったり。「あの辺り、銭湯あったんだ!」と暇を見つけて巡るのも面白そうだなと広島の銭湯マップをチェックチェック。

f:id:haaanaaa_87:20190129173840j:image

お風呂に関する《おふろのはなし》も全コーナー読むと面白い。こういう部分も気になれば隅から隅まで読む。

 

 

 

 

 

こう、バンドをして全国津々浦々まわるような日々だと(泊まりを除いて)隙をみては各地のお風呂屋さん、スーパー銭湯や地元の昔ながらの銭湯に行くのだけれど、お風呂は色々な顔があって面白い。

 

 

最近のスーパー銭湯はすごい。食事処も併設してあったり、岩盤浴やお昼寝処。テレビに漫画も充実していて一つのアミューズメントパーク化している。

ツアーや遠征の楽しみランキング上位に食い込んでくるようなところもあるから、お風呂へ行くことに私は心躍らせているのだ。

 

 

 

昔ながらの銭湯では色んな年代の方もいらっしゃって、その土地ごとの方言で会話が耳に入ってくるのが面白い。それこそお年寄りから同年代、お母さんと子供と様々。

私はまぁまぁな頻度でお年寄りの方から声かけられたりするけれど、銭湯ならではのコミュニケーション。服を着てようが着てまいが、ぐいぐいと話しかけられる。

以前、前のバンドメンバーと某スーパー銭湯に行ったとき塩サウナに入った。塩を身体にすりこんでいると「これくらいやりなさい!」的なレクチャーをおばさんに受けた。「はい!」とすりすり…。裸ですりすり…。

 

つい最近、広島の銭湯にて。サウナに入っていると3人の仲良しおばあさんたちが朝のお散歩の挨拶くらいのテンションで仲良く「こんにちは〜」と入ってきた。勿論裸。そこからは眼鏡を新調してハッキリ見えた旦那さんの顔があまりに年をとったように見えてびっくりした話とかインフルエンザかと思ったら風邪で安心したけど、怖いからみかんでビタミンCをたくさんとってる話とか。ゆっくりだけど日常の会話が始まった。聞いてて面白い。「しっかりお風呂入って、びたみんしー、たくさんとらにゃいけんねぇ。」という会話だけで盛り上がってるのが何かいいな、びたみんしーの言い方いいなと思いながら隣に座っていた。

 

サウナから出て、水風呂。そのあと湯船に浸かると「気持ちえぇねぇ」とまた別のおばあさんに声かけられる。私も「気持ちいいですねぇ」と返す。

 

 

 

お風呂は気持ちいい。

「疲れたな〜」が蓄積した時やリフレッシュしたい時。身体を休めてあげる。更にサウナでととのうもよし。

あがってからの牛乳もビールも最高。

ぽかぽかの身体で寒い道をテクテク歩くのもまた一興。

 

 

 

以前、京都の梅湯さんに行ったとき、独自のカルチャー感満載ですごく面白い銭湯だなぁと。

こんなに面白い銭湯があるんだと更に銭湯に興味をもつキッカケになったところだ。

 

f:id:haaanaaa_87:20190129164616j:image
f:id:haaanaaa_87:20190129164611j:image

浴場のところどころに掲示してあった【梅湯新聞】もついつい読み入ってしまった。梅湯に関するエピソードはすごく興味深くて、こちらも是非また行きたい!

 

 

それと最近気になったのはこちら。

 

“牛乳石鹼と<ビームス ジャパン>のコラボレーションイベント『銭湯のススメ。』開催”

 

銭湯をテーマにイベントが東京で開催されているとか何とか。

https://www.beams.co.jp/news/1299/

めちゃめちゃ気になる〜。銭湯のスタンプラリーとか楽しそうだし、ファッションブランドと銭湯の組み合わせなんて“今”はそんな面白いコラボレーションが実現できるのかと感嘆した。

【銭湯】がひとつのカルチャーとして確立していってるのはすごく面白い。

 

 

 

面白い銭湯事情が色々と飛び込んできて、最近更に興味深くなってきた。

 

お風呂今アツいっす。