そばにくたま

ペロペロしてやりたいわズ。から名前が変わってPEROというバンドでベースを弾いてます☺︎お好み焼きが好きです。音楽のことや広島のこと。訪れた全国のことも。

とりあえず今はこんな感じ。

 

5年10年も経てば十代の記憶は朧げになってくる。あのとき何を話したか、どんな風に目に映ったかなんて5年10年も経てば事細かに話せる自信はない。ただ、「なんかね〜、すっごい好きだったんよねぇ。」とか「最悪すぎて顔面蒼白した。」とか「恥ずかしすぎて誰にも言えなかった。今なら笑って話せるけど…。」みたいなざっくりとした気持ちとかぼんやりした情景は5年10年経っても意外と覚えてるものだなぁと思う。

 

 

先日、広島のバンド藍色モラトリアムちゃんの企画に出演した。

藍色モラトリアムちゃんはこの春高校を卒業したばかりで先日のイベントでは年齢層バラバラ且つジャンルレスに彼女たちが一緒にやりたかったバンドさんをお声かけしたそう。有り難いことに我々PEROも呼んでいただきまして。

 

十代のバンドさんとイベントで一緒になることって割合でいったら本っっっ当に無いものでとってもとっても新鮮な日だったなぁと。

 

藍色モラトリアムちゃんや彼女たちと同世代のバンドや会場にいた彼女たちのファンであり部活動の仲間であろう友達や後輩や先輩がたくさんそこには居て、会話のひとつひとつも表情もきらきらが過ぎるほどにきらきらしていた。見ているとバンドを始めたばかりの時、バンドに興味を持ち出した頃の自分もひょっこりと顔を出してこっちを見ている。

 

十代の私はどんな表情をしていたんだろうか。

そんなことを思いながら、とりあえず今はこんな感じと伝えておいた。

 

 

f:id:haaanaaa_87:20190401171533j:image

藍色モラトリアムのとおふたりと。

 

彼女たちの門出に立ち会えたこと一緒にライブができたことに感謝です。呼んでくれてありがとう!

 

次に一緒にやるときに私はどんな表情していて、彼女彼たちはどんな表情をしているか楽しみ。